千葉の心理カウンセラーより心の距離は目に見える

2021/06/08
男女

千葉の心理カウンセラーより心の距離は目に見える

 

好きなら近づく、嫌いなら離れる

距離の取り方に気持ちや関係性が現れる

 

心理学では、心理的距離と物理的距離は比例すると言われています。見たい舞台は少しでもステージの近くに、興味のない抗議なら後ろの席に座りたがるものです。

これは対人関係にも言えます。恋人なら触れられるほどの距離でも気になりませんが、苦手な相手からはなるべく離れたくなるのが人の心。このような「相手と近づけるのはここまで」という空間を「パーソナルスペース」と言います。

 

パーソナルスペースの大きさは、相手に応じて変化します。恋人やごく親しい人なら45CM以内、友人や知人なら45CMから120CMなどとされ、必要な以上に近づかれると不快感や緊張感を覚えます。

逆に近い距離で接する人に対しては、好意を持ちやすくなることも分かっています。親しくなりたい人がいるなら、積極的にパーソナルスペースに潜入侵入していきましょう。ただしタイミングは大切。ある程度打ち解けてきてから、少しずつ距離を縮めていくのがポイントです。

パーソナルスペースは前に広いため、真正面はしっかり距離をとらないと緊張感が高まりやすいポジションです。まずは横から近づく方が、警戒されにくいでしょう。


 

千葉・成田・茂原・八街・山武・東金・大網・富里・旭・いすみ・佐倉の

心理カウンセラー(心理カウンセリング)ならうっちカウンセリングルーム

 

千葉県山武郡九十九里町作田5023-2

TEL:080-7953-5915

営業時間:10:00~24:00

定休日:月曜日

https://ucchi-counseling-room.com/

当サイトは、千葉県の子育て支援事業(チースマイル)協賛店として登録されています。