千葉のカウンセラーより無表情はお疲れサイン

2021/06/09
女性

千葉のカウンセラーより無表情はお疲れサイン

 

心の疲れは、その兆候に早く気づくことにが大切です

 

感情を抑え込み表情がなくなっていく


 

いつも明るい友達が浮かない顔をしていたら、心配になるでしょう。一時的なものなら良いですが、「このところずっと表情が硬い・・・」と感じたら注意が必要です。それは心が発するSOSかもしれません。

顔の表情が固定されたり、無表情の時間が長くなったりするのは心が疲れているサインです。人は、大きなストレスや不安を抱えている時、弱みを見せまいとして感情を抑えてしまうことがあるのです。すると、やがて怒りや悲しみだけでなく、全ての感情を表に出さなくなってしまいます。疲れがたまりにたまると、うつ病を発症してしまうケースもあります。

 

身近な人にこのような兆候が見られたら、何か原因があると考えて、できるだけおおらかな気持ちで守りましょう。「何かあった?」と話を聞いてみても良いでしょう。ただし、しつこくという言い方したり、すぐにアドバイスをしたりするのは禁物。まずは辛い気持ちを吐き出してもらうこと。そして話してくれたことに感謝し、それまで耐えてきたことをねぎらいましょう。相手をそのまま受け止めることが大切です。

 

千葉、成田、茂原、八街、山武、東金、大網、富里、旭、いすみ、佐倉の

心理カウンセラー(心理カウンセリング)ならうっちカウンセリングルーム

 

千葉県山武郡九十九里町作田5023-2

TEL:080-7953-5915

営業時間:10:00~24:00

定休日:月曜日

https://ucchi-counseling-room.com/

当サイトは、千葉県の子育て支援事業(チースマイル)協賛店として登録されています。