千葉のカウンセラーより、曝露法(エクスポージャー)とは

2021/05/09
女性

不安や恐怖を感じる状況にあえて直面することで、その状況に慣れて不安が減少します。

 

不安を対象にした行動認知療法(カウンセリング)

「曝露法(エクスポージャー)」とは、認知行動療法のカウンセリング技法の一種です。曝露法は、「ある刺激にさらされ続けると、その刺激によって引き起こされる情緒反応の強さは低下していく」という考えに基づいています。クライアントの問題行動や不安障害の引き金となる状況や刺激に、想像上または実際に晒す(エクスポーズ)することで、その状況に慣れていき、不安を感じない状態になっていくことを目指します。暴露法では、クライエントの問題を十分にアセスメントした後、不安や恐怖を感じている状況や場面をリスト化します。そしてそのリストのうち、最も不安や恐怖を感じるものから、全く感じないものまで、不安を点数化した不安階層表を作成し、これをもとに進めます。

 

曝露法の種類

暴露法には現在、大きく分けてふたつのやり方があります。一つは、ターゲットになる感情を短期間でごく弱めに徐々に引き出す「段階的暴露」です。もう一つは、ある程度の期間続けられ、その感情を可能な限り強く集中的に引き出す「持続的・集中的暴露」です。曝露法の代表的な技法である「系統的脱感作法」は段階的暴露法のひとつです。 


 

千葉の心理カウンセラー(カウンセリング)なら

うっちカウンセリングルーム

 

千葉県山武郡九十九里町作田5023-2

080-7953-5915

営業時間:10:00~24:00

定休日:月曜日

https://ucchi-counseling-room.com/

当サイトは、千葉県の子育て支援事業協賛店として登録されています。