千葉の心理カウンセラーより、解離性障害は主に4つに分類される

2021/05/04
女性

解離性障害は主に以下の四つに分類されます。

 

1.解離性健忘

情緒的なショック体験により記憶を喪失してしまいます。ある一定期間のみ忘れてしまう場合と、その人個人のこれまでの記憶全てを失う全てを忘れてしまう場合とがあります。大半はやがて回復する解離性障害の中で最も多いです。

 

2.解離性とん走

仕事や家庭から突然逃げ出して放浪し、自分の過去の記憶を喪失してしまいます。

 

3.解離性同一性障害

多重人格障害とも言われてます。ひとりの人間の中に少なくとも二つ以上の分離した人格が存在する状態です。複数の人格は異なる個性、感情個性、行動を持つことが特徴です。女性に多く、青年期早期の発送が大半であると言われています。

 

4.離人症性障害

自分の身体から自分が遊離して、離れた場所から傍観者のように自分を眺めているような感覚を持ってます。自分の声が奇妙に聞こえたり、身体のサイズに違和感を覚えたりする。記憶の障害は見られない通常青年期に多く発症します。


 

千葉、東金、茂原、成田、山武の心理カウンセラー(カウンセリング)なら

うっちカウンセリングルーム

 

千葉県山武郡九十九里町作田5023-2

080-7953-5915

営業時間:10:00~24:00

定休日:月曜日

https://ucchi-counseling-room.com/

当サイトは、千葉県の子育て支援事業協賛店として登録されています。