トラウマの手放し方

2019/12/22
男性

 

トラウマの手放し方

人が手放したいと願う最たるものは、トラウマ(心的外傷)でしょう。これは自然災害による肉親の死や虐待、いじめ、犯罪被害などによって受ける心の傷のことです。こうした出来事を体験しあと、不快な記憶が蘇って、動悸がしたり、イライラして眠く眠れなくなったり、果ては人を信じられなくなるといった症状が現れることがあります。これを PTSD (心的外傷後ストレス障害)と呼びます。

 PTSD を発症するほど重くないとしても、トラウマとなる出来事は誰にでも起こります。トラウマによって生じる辛い感情は、どうしたら手放すことができるのでしょうか。

ここでもやはり「考えてもいいよ」と許すことが、手放すための第一歩です。

手放すためには、まず「気付く」必要があるのです。

そうでないと「放っておく」ことができるようになりません。辛くてもその苦しみも含めて「悲しんでいいんだよ」「あんなに辛い思いをしたんだから苦しんで当然だ」と許してあげることが大切です。


 

千葉、東金、茂原、成田の心理カウンセリングなら

うっちカウンセリングルーム

千葉県山武郡九十九里町作田5023-2

080-7953-5915

営業時間:10:00~24:00

定休日:月曜日

https://ucchi-counseling-room.com/

当サイトは、千葉県の子育て支援事業協賛店として登録されています。