千葉、茂原、東金の心理カウンセラー | 虐待が虐待を生むのはなぜか?

2018/04/07
女性

虐待が虐待を生むのはなぜか?


 

それは家庭環境による生活習慣の影響だった


 

虐待を受けて育った子は、将来その子も虐待をすると言われるように、生まれ育った環境そのものが将来同じように引き継がれるのではないかと考えられます。

良くも悪くも、最終的に親子は似るということでしょうか。

確かにどのご家庭でも、家族が似ているというより、その似通った集合体が家庭であると言っていいかもしれません。


 

それにしても、なぜこんなに家庭はいるのでしょうか?

こんな親には絶対ならないと思ってても、気づいたら親と同じような事をしていたり、やっぱり血は争えないというと思うようなこともあります。



 

親子のつながりと言えば、遺伝子が関係しているように思うかもしれませんが、実は違います。

基盤としてはやはり関係がありますが、実際は生活習慣による影響が大きいと思います。

生まれたばかりの赤ちゃんを、親子を引き離して全く違う家庭環境の中で育てたらどうでしょうか?

性格は違っても、やはりそれぞれの家庭環境にあった育ち方をすると思います。



 

虐待を受けた子が将来虐待をするというのも、実は同じ習慣の中に生きてるからなんです。そうです。例え虐待であっても、その本質は単なる習慣なのです。

そういう習慣の中で育ってきましたから、本人は別に虐待をするつもりはなくても、自然にそういう接し方になってしまいます。

 

子供の時に染み付いた習慣で、同じように子供に接してしまうのです。

特別意図しているわけでも悪意があるわけでもありません。

虐待じゃなくても考えてみてください。

食習慣、睡眠時間の習慣、スマホやパソコンをいじる習慣。これら習慣を、あなたはそう簡単に止められ止めたり変えられますか?

 

このように、今まで見に染み付いた習慣を転換するなんて極めて困難ですから、自分の意思とは裏腹に、自分の中にある習慣で人と接する理由です。言い換えれば、自己中心とは日常日頃の習慣であると言えます。


 

そもそも週間というのは無意識に行われるものです。

自分ではわからないけど他人にはよくわかる、癖のようなものですね。

自分で意識して行うのは、単に感情をコントロールできていないだけですし、感情をコントロールして止められるようなものなら最初から誰も虐待なんてしません。それが出来ないから、どうしてやめられないのかわからないから苦しいのです。

 

虐待が習慣であるなら、やめようと思ってもなかなかやめられません。

どうやったらやめられるのか、その方法もわからないでしょう。

何しろ虐待という行為が生活の一部なんですから。これが習慣というものです。


 

しかし週間は変えて行くことができます。

それぞれの家庭で習慣が違うように、違う生活家庭環境の中では生活習慣も変わるのです。つまり、今までとは違う別の環境こそが、これまでの習慣を変えてくれるのです。

これまでの習慣が変わる。つまり、自分の中に新しい知識を取り入れたり認識を得ることで、これまでの自分が変わるということ、そう。これを可能にしてくれるのが心理カウンセリングの力であり、自分が変わるためには他者の存在が不可欠なんです。

 

しかも家庭のような自分の身に実家にいる存在よりも、心理カウンセラーのような、自分とは違う環境にいる他者の存在の方がより効果的です。

同じ習慣の中に生きている者同士が、変化を起こすのは非常に難しいからです。


 

そんな今ある環境ではどうしたらいいのかわからない習慣を、心理学の観点から客観的に捉えて改善していくもの。それがカウンセリングなんです。自分の習慣がどんなものであるか?自分でも気づいていない自分の習慣を知るには同じ環境の中にいない他者の存在が不可欠です。そしてどうしたら悪習慣を断ち切り変えていけるのか?ここを心理カウンセリングで私と一緒に考えていきましょう。

 

 

千葉,東金,茂原の夫婦問題,不倫相談
心理カウンセラー・カウンセリングなら
うっちカウンセリングルーム
千葉県山武郡九十九里町作田5023-2
080-7953-5915
営業時間:10:00~24:00
定休日:月曜日
https://ucchi-counseling-room.com/

当サイトは、千葉県の子育て支援事業協賛店として登録されています。